NextTeacherProgram

私たちの活動——フェローシップ・プログラム

さまざまな経験と教育への問題意識、情熱や成長意欲を兼ね備えた方を、独自に選抜。赴任までに研修を行った上で、学校の教師として派遣します。派遣した教師は自身の経験とTFJの知見・ノウハウを生かした教育実践により、子どもたちの学力と学習意欲の向上、学習習慣の定着などをめざしています。

採用・選考

Teach For Japanが独自の採用・選考活動を行います。

通常、各自治体が行っている教員採用試験とは別に、TFJが独自の採用・選考活動を行います。一定の基準に基づいた選考を行って、多様な経験と教育への問題意識と情熱、そして、成長意欲が高い人材を教師(フェロー)に認定します。対象となるのは、教員免許を持った(取得見込みの)社会人・学生のほか、教員免許を持たないものの、特定の分野で特に優れた実績やスキルがあると認められる社会人が中心です。

赴任前研修

研修を行い、教師に必要な心構えと指導力を習得させます。

通常、教師(フェロー)が学校に赴任するのは4月。教師(フェロー)に認定された方には、4月までに、学校現場で即戦力となることができるよう、事前の研修を実施。教師に必要な心構えと指導力を身につけさせます。研修は、赴任直前の3月を中心に短期集中で行う250時間の合宿型研修と、内定後、週末などに1日ないしは1泊2日程度で開催されるものや、課題の提出によるものなどとがあります。

赴任後のサポート

赴任後も、2年間はTFJが継続的な支援を行います。

学校現場に赴任した後も、Teach For Japanから、教師としての成長を目的とした支援を受けることができます。コーチや専門家と定期的にコミュニケーションをとり、各フェローが教室で遭遇する問題の解決や、授業へのフィードバック、中長期的な目標に向けてのPDCAサイクルの確立をめざした進捗の確認などを行います。

フェローシップ・プログラム

 


 

フェローに応募する



TeachForJapan
website